Menu

こだわり

Home

個人店である当店は、チェーン店や有名店のようにサービスが洗練されていないかもしれません。
至らぬところは多々ありますが、心をこめてお客様の「おいしい」をめざして行こうと思います。

見かけでなく味を追求した正肉

当店の正肉(カルビ、ロースなどの赤身肉)は黒毛和牛。中でも最上ランク(A4、A5)メスだけを厳選しています(「お得カルビ」を除く)。
お得カルビ」は切り落としなので性別や格付けランクなどまちまちですが、黒毛和牛のA3~A5ですので味のレベルは保証付きです。

黒毛和牛のメスは、外見のハデさでオス(去勢牛)より見劣りしますが、風味、柔らかさ、肉本来の味で定評があり、私たちも自信を持ってお出ししています。

当店ではカルビを細分化して六つの種類を、またロースも定番から最上ロースとしてのサーロインまで四つの種類を取り揃えています。また、グループ向けに正肉を少量で様々に組み合わせた、お手頃なセットをご用意しています。

「通」をうならせる和牛ホルモン

当店のホルモン(内臓類)も勿論、黒毛和牛です。
ホルモンには正肉のような格付けは元々ありません。が、優良牛が集まることでは全国随一の東京・芝浦市場(東京都中央卸売市場食肉市場)出入りの業者から直の配達ですので、質の高さで「通」から「うまい」の声をいただいています。

当店では輸入牛や「国産牛」の「上ミノ」部位でなく、和牛ならではの芯ミノ(別名サンドミノ)と言われる部位を「ミノ」としてお出ししています。(詳しくは「ホルモンの話」ページで)。表と裏の肉の間に脂身が程よくサンドされ、肉味と脂身の旨さを味わえます。
人気で「ミノ」と双璧をなすのが「テチャン」(一般名「ホルモン」or「シマ腸」)。お客様の要望で、以前より脂身を程よく残すようになりました。関東風と関西風折衷型ですね。

生食ができなくなって残念ですが色・ツヤ・味で群を抜く「レバ」。
他にもホルモン入門者向けの「ハツ」、ほのかな苦味が通好みの「センマイ」、程よい脂身の「ギャラ」、まろやかさで人気急上昇の「シビレ」、コリコリした食感の「コブクロ」など、名物ホルモンをお得価格で取り揃えています。まずはとてもお得な「ホルモン盛合わせ」で何がお口に合うか、お試しください。

タン」は黒毛和牛、NZ産牛、国産豚の3種。「ハラミ」は米国産プライム(最上級)か同等のオセアニア各国輸入牛、米国産チョイス(中級)か同等の輸入牛、さらに入手困難で知られる黒毛和牛ハラミの部位を2段階に分けて選定、合計4種があります。食べ比べの楽しみもありますね。

当たり前の事を当たり前に

私たちがいつも心がけている事。それは安心と、「おいしい」のために手間を惜しまない、という事です。
当店でお出ししている正肉の個体識別番号は、このホームページのトップおよび店頭に表示されています。セシウム検査確認証も合わせてご確認のうえ、ご家族連れも安心してご来店下さい。
昨今、ホテルや有名店で安価な牛肉に和牛の牛脂を注入したり、端肉を接着して1枚肉にするなど、加工肉を偽って“和牛”と表示してきた事が表面化するなど、提供する側の私たちがあ然とするような事が起ったりもしています。
当店では開業当初より、まだ一般的でなかった仕入肉書類の店頭表示を実施、全ての商品をお客様に偽りなく提供してきたと自負しています。

「おいしい」のために当たり前の事を当たり前にする――私たちは愚直にこれを積み重ねてきました。 このところ、「本場の味」を謳うお店でも省力化のため、成形済みの肉を仕入れたり、多くの既製品を使う、と聞こえてきます。
当店では肉の捌きは勿論、基本スープおよびクリアなテールスープ、冷麺スープ、ナムル、チゲ、タレに至るまでオリジナルを心がけてきました。お客様に「おいしい」を納得のお値段で提供するため、「カネをかけずに手間かけろ」を家族で実践してきました。

ページの先頭へ